婚活の向こう側へ

半年で婚活を成功させたノウハウや、健康・暮らしなどについて語ります

【とにかく痛い】ヒゲ脱毛を後悔しないために、知っておくべきこと

f:id:beyond_konkatsu:20181231233027j:plain

こんにちは、チンギスです(@beyond_konkatsu) 。

 

ゴリラクリニックでヒゲ脱毛を2年間続けている僕が、

ヒゲ脱毛を始めようかと悩んでいる方に向けて、

後悔しないために知っておくべきことをまとめていきます。

 

ずばり、

デメリットの数も多いですが、

それ以上の効果を僕は実感しているので、

ヒゲをなくしたい方にはオススメします。

 

なお、すべての症状や感じ方には個人差がありますので、

その点はご承知おきください。

とにかく痛い

なんせ痛いです。

医療脱毛・サロン脱毛、ともに激痛が走ります。

(医療脱毛とサロン脱毛の違いはのちほど述べます)

 

僕は現在ゴリラクリニックという医療機関に2年間通っているのですが、

ゴリラに行く前に医療機関1つと、2軒のエステサロンにも行って、

試し打ちしてみました。

 

施術方法や使用する機械は異なるのですが、

結論として医療系・サロン系どっちも痛いです。

 

強いていうと、

サロン脱毛の方がまだ痛みは少なかったかなというレベル。

 

どんな痛み?

医療系・サロンともに、

爪楊枝みたいに細いもので突き刺されたような、

鋭いチクっとした痛みを感じます。

 

試しに爪楊枝やボールペンで自分のお肌を突き刺してみてください(笑)

けっこう痛いですよね。。

これをもっと強くした感じです。

 

施術中は、脱毛する場所にこの痛みを感じ続けることになります。

 

どの部位が一番痛い?

ズバリ、鼻の下が一番痛いです。

人中と呼ばれる鼻の下の中心部・溝の辺りは拷問レベルですね。

毎回、鼻の下を打たれるときは涙が出ます…

 

首から頬、顎ときて、

最後に鼻下をやってもらうのですが、

ラスボス感が半端ないです。

 

ただ鼻の下は激痛なのですが、

実は頬とか首は全然気にならないレベルです。

(無論、個人差はありますよ)

 

なぜ脱毛に痛みを伴うのか

毛に反応してレーザーや光を照射し、

それらが高温を帯びているからです。

 

70度~200度ほどの熱を持ったレーザーや光などを、

一瞬ではありますがヒゲに当てるので、

その瞬間にチクっとした痛みが走ります。

 

ヒゲが濃い人・場所ほど痛みが強まります。

そして鼻下など面積が狭い部位は

より痛みを感じやすいのです。

 

逆に言うとヒゲが薄いところは、

レーザーや光が反応しにくいので、

痛みはあまり感じません。

 

痛みを感じなくなる部位もある

さきほども書いたように、

僕の場合いまは、頬や首はほとんど痛みを感じません。

 

なぜなら頬や首のヒゲは、

通い始めて3回位でかなり薄くなったからです。

 

最近痛みを特に感じるのは、

まだヒゲが残っている鼻の下や顎周辺です。

(現在、通算12回目)

 

そう考えると、意外と痛みにも耐えられるわけです。

僕のヒゲは結構濃いめだったので、

初めの頃は全部位とも痛みが続きましたが、

回数を重ねてヒゲが薄くなるに連れて、

徐々に痛みは和らいできております。

 

しかし、

痛みの感じ方にはもちろん個人差が大きいので、

ヒゲ脱毛を検討されている方は、

一度でも試し打ちをしてもらうといいでしょう。

 

「真剣に検討しているので、

耐えられるか試したい」

と交渉すればいずれも試し打ちオッケーでした。

 ã¨ã¹ããµã­ã³, ç¾ãã, ãµã­ã³, ãªã©ãã¯ã¹, ç´ æµã§ã

脱毛の種類

主流の脱毛方法を2つご紹介します。

いずれも毛が生えてくる毛周期に沿って2ヶ月前後に1回施術してくれます。

 

レーザー脱毛=医療機関のみ

医療機関でのみ実施できる施術法です。

後述の光脱毛よりも効果が高いといわれており、

永久脱毛効果が見込めます。

 

脱毛エステで使用されている脱毛機や家庭用脱毛器は「光脱毛」「フラッシュ脱毛」「IPL脱毛」と呼ばれる健康治療器です。

これらの機器は医療機関以外でも使用できる低い出力で光を照射し、脱毛を行うものです。

 (ゴリラHPより引用)

 

その理由は上記のように、

レーザー式の方がより強力で、毛根を破壊できるからです。

 

その分、サロンで行われる光脱毛よりも、

若干痛みを感じます。

→厚労省からのお達しで、

 毛根を破壊する強力な脱毛方法は、

 医療機関でのみ認められている状況です。

 

ゴリラでは旧式機械のヤグレーザーと、

最新式のメディオスターで行う脱毛があります。

 

簡単に違いを説明すると、

ヤグレーザーはとにかく痛い分、

脱毛効果は高いです。

 

一方、最新式のメディオスターは、

痛みを和らげたり肌へのダメージを少なくしてくれます。

 

僕自身はヤグレーザー派なのですが、

毎回涙が出るほど痛いです。。。

 

ただ、この痛みに耐え抜くと、

施術後1週間ほどでボロボロとヒゲが抜け落ちていき、

脱毛効果を実感できるので、

最近はヤグレーザーを使っております。

 

メディオスターも当初は使用していたのですが、

痛みはヤグレーザーと比べて和らぐものの、

脱毛スピードが遅く感じられたので、

変更してもらいました。

 

光脱毛=エステサロンなど

医療資格のないエステサロンや自宅などでも手軽に実施できる脱毛法。

レーザーと比べてパワーは弱く、

毛根を破壊できないため、永久脱毛効果はありません。

また、パワーが弱い分、

効果を実感するまでは回数を重ねる必要があります。

 

ただし、レーザーより痛みは少なめで、

1回の施術時間も短く抑えられます。

 

両方試してみた個人的な感想=医療用レーザーに軍配

いずれにせよ時間も費用もかかり、

多少の違いはあれど痛みは伴うので、

だったら永久脱毛効果がある医療用レーザーのほうが手っ取り早くていいな。

と感じたので、

ゴリラクリニックに通っています。

 

時間と費用が掛かる

f:id:beyond_konkatsu:20181231233732p:plain

4年間通う

僕のようにヒゲが濃い人は、

2ヶ月に一回の通院を2年続けて、

ようやく折り返したかな、という感じです。

 

もともと僕の契約プランは4年間通って、

永久脱毛を実現するという気の長くなるものなので、

そこは想定通りです。

 

それでも、

脱毛前は毎朝の髭剃りに5分ほどかかっていたのが、

2年通った今では1分ほどで事足りています。

 

このタイムスパンを、

長いと感じるか妥当と判断するかは、

人それぞれかと思います。

 

また、ヒゲの濃さや通う店舗によって、

この期間は大きく変わってきます。

中には半年ほどで生えなくなった方もいますので。

 

続いて、一回の施術時間について。

 

ヤグレーザーで、15分ほど。

それぞれの箇所に一度照射すれば終わりです。

 

最新機種のメディアスターでは、

痛みが和らぐ分、

各箇所、複数回の照射が必要なので、

25〜30分ほど掛かりました。

 

だいたいどこのエステサロンや医療機関で行なっても、

30分以内で終わるようです。

 

全部位4年間通い放題 18万円

僕は特にキャンペーンなどない時期にスタートしたので、

おそらく割高な値段だと思います。

 

クリニックやサロン、

キャンペーンの有無やプランによって、

値段は大きく変わるので、

検討中の方は数軒回って見積もりをもらうといいでしょう。

 

「4年間通い放題」と謳ってはいるものの、

毛周期の関係上、

毎回2ヶ月ほど間隔を空ける必要があるので、

結局、MAXでも25回ほどの通院となりそうです。

 

折返しの2年が経過しましたが、

おそらくあと2年で完全に脱毛できるのでは、

と踏んでおります。

 

「なお4年間通い放題だったら、

もっと間隔を短くして受診したい」と交渉しても、

毛周期があるので無理だと断られました。

 

また、通う店舗によっては予約が取りづらかったりするので、

その辺りがネックになるかもしれません。

たとえばゴリラだと、

新宿院は混みやすいけど、

銀座院は予約を取りやすい、

といったことをスタッフさんから教えてもらいました。

 

治療による肌荒れリスクがある

高熱を照射するため、少なからず肌にダメージを与えることになります。

施術後は若干照射部位が赤く腫れてしまいますが、

僕の場合は次の日には赤味は引いています。

 

また治療後は毛のう炎と呼ばれる、

白いニキビのような出来物が発生するケースもあります。

 

ただ、4~5日経過すればなくなるようで、

炎症を抑える塗り薬も渡されるので、

もし発症しても慌てる必要はないかと思います。

 

また、施術後3日間ほどはひげ剃りをしても、

ヒゲが浮いてしまってうまく剃りきれない状況が続きます。

イメージとしては泥棒ヒゲのようにうっすら残る感じです。

 

f:id:beyond_konkatsu:20181231234054p:plain

これは脱毛で避けられないことのようで、

気になる時はマスクを着用して仕事をしています。

 

日焼けしていたら脱毛できない

脱毛のメカニズムとして、

黒い毛に反応して光やレーザーを照射します。

 

ですので、

肌自身が黒く日焼けしていると、

うまく機械が反応しないようです。

 

冬場は特に問題ありませんが、

夏に通う際は日焼け対策をしっかり行う必要があります。

 

ただ、日焼け対策をすると、

肌へのダメージも軽減されて、

より良いコンディションを保つことができるので、

脱毛を機に肌ケアを考え直すきっかけになりました。

 

ヒゲ脱毛がうまくいくと、もう生えてこない

通い続けて脱毛がうまくいくと、

医療機関の永久脱毛の場合は基本的にはもう生えてこなくなります。

 

その状態を望んで通院するわけですが、

気が変わって髭を生やしたくなっても後の祭り。

ダンディなヒゲおやじにはなれないものとお考えください。

 

僕はヒゲを伸ばしてみて、

自分には似合わないことを確信したので、

躊躇なく永久脱毛の道を歩んでいます。

 

ヒゲ剃りがラクになる

さて、ここまでデメリットの数々を書き連ねてきましたが、

いよいよヒゲ脱毛のいいところ!

 

それは、ヒゲ剃りがめちゃくちゃラクになります。

さきほどお伝えしたように、

脱毛前は毎朝の髭剃りに5分ほどかかっていたのが、

2年通った今では1分ほどで事足りています。

 

朝の5分は大きいですよね。

身支度に要する時間を削減できたので、

他のことに時間を費やせるようになりました。

 

また、これまでは夜になると無精ヒゲが生え始めていましたが、

夜でもジョリつくことは一切なくなりました。

このあたりは見た目改善につながると思います。

 

まとめ

僕がヒゲ脱毛を始めたきっかけは、

婚活に向けた見た目を改善しようと考えてでした。

 

朝から仕事に出かけて、

夜のデートの時にヒゲが生え始めていると、みっともないですよね。

そう考えてゴリラの門を叩いたのです。

 

しかし、ヒゲ脱毛をするには数十万円という費用が必要だったので、

後悔しないために複数のサロンや医療機関に足を運んで情報を仕入れ、

試し打ちなどもしてもらいました。

 

その上で、メリット・デメリットを消化してから、

医療機関での永久脱毛をスタートさせました。

 

おかげでいまでは全く後悔などしておらず、

効果を実感できるので通院が楽しみになっております。

 

施術の痛みは相変わらずですが、

1回15分を我慢すればどんどんヒゲが薄くなるので、

ぐっとこらえることができます。

 

以上、とにかく痛いヒゲ脱毛ですが、

ご検討中の方の参考になれば幸いです。

 

また、通院時の感想もこちらで綴っていますので、合わせてご覧ください。

激痛!ヤグレーザーのヒゲ脱毛時は麻酔する人が多い - 婚活の向こう側へ